北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YOUNGGROUP

「水おいしいですね」と、よくいわれる。業務用の浄水器をとおしているので、きっとそのせいだろう。そのいっぽうで、でも、水って本来おいしいものじゃなかたっけ?とも思う。その「おいしさ」にあらためて気づかなければならないほどに、世の中は「おいしくない水」であふれかえっているということか。

音楽もまた然り。人工的なフレイバーの音に毒されてしまった耳に、「水」のようにナチュラルな音を、しかもいっさいの混ぜ物をすることなく届けるのはけっしてかんたんではない。からだに無理なく滲みわたってゆく音楽について、もういちどかんがえてみよう。革命でもメッセージでも、ましてや流行でもない、そういう音楽、つまり「水」のような音楽について。

そして、

水の「おいしさ」に気づくように、ぼくは「THE YOUNG GROUP」怖いほどになんの意図ももたないその存在感に気づく。

●THE YOUNG GROUPのCD「TJONNIK」moiでもお取り扱いしております(税込み1,680円)。

TJONNIK
TJONNIK
YOUNG GROUP (2006/03/22)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。