北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズをきいている。ソロはストイック、トリオはスリリング、では、デュオは?

hope

ノルウェーのベーシストTerje GeweltとフランスのピアニストChristian Jacobによるアルバム「Hope」にきくことのできるのは、時間と空間とを満たしてゆく濃密な対話。コーヒーでいえば、「蒸らし」の時間にそれはあたるかもしれない。挽いたばかりのコーヒーの粉に、じっくりていねいにお湯を落とし「そのとき」を待つ。デュオをきくことは、つまるところ待つことなのかもしれない。きこえてくる音のむこうがわに立ち現れる世界を100%迎え入れること、それこそがデュオの愉しみなのだ。

なお、ここに収められた演奏はすべてライブ録音。テリエ・ゲヴェルトがうまれたオスロにあるムンク美術館、かれが育ったラルヴィクの美術館、そしてドランメンの劇場など、これまた「対話」の舞台としては最高のお膳立てとなっている。

4曲目、アイルランド民謡で、たくさんのミュージシャンたちがカヴァーしている"The Water Is Wide"("There is a ship")、実はこういう演奏と出会うために日々ぼくは音楽をきいているのかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。