北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お客様で「森林インストラクター」の川澄さんから、ちょっとおもしろそうな「散歩の会」のお知らせをいただきました。都会の中で、「もう少しだけ、木を身近に感じてみたいひと」のためのカジュアルなお散歩会「木・連(MOKU・REN)」の第4回です。

今回のテーマは、「エゴノキの花を見よう!」、そして「葉っぱの見方」のふたつ。「どれだけ知っているかではなく、どれだけ面白いことを見つけられるか」という視点から、初夏の緑を歩きます。

なお今回お散歩する場所は、港区白金台にある「自然教育園」。そして「自然教育園」といえば、いま「北欧のスタイリッシュ・デザイン~フィンランドのアラビア窯」展を絶賛(?!)開催中の東京都庭園美術館のすぐおとなり。川澄さんによると現地解散も可ということですので、森をこよなく愛するフィンランド人の気分で軽いお散歩を楽しんだ後、庭園美術館で「アラビア展」を観る、なんてコースはいかがでしょう?なにか、「あたらしい発見」があるかもしれませんね。

詳細はつぎのとおり。とくに予約は不要ということですので、気が向いたらふらりと参加されてみてください!

●イベント 「木・連(MOKU・REN)」第4回
●日  時 5月27日(土) 13時~15時くらい
●散策場所 自然教育園(港区白金台)
●集合時間 13時 
●集合場所 JR目黒駅「びゅうプラザ前」(改札口出てすぐの構内)
●参加費  無料(ただし入園料300円が必要です)
●予約   不要
●雨天時  お茶をしながら、多少の座学をたのしみます

なお、このイベントについて質問等のある方は、moiまでご連絡ください。主宰の川澄さんのご連絡先をお知らせいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。