北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

懐かしいネスカフェのCMを眺めつつ朝食。ロジャニコの「One World Of Nescafe」、いつ聴いてもトレビアン♪ http://t.co/eU70lMfp
02-19 08:17

@SeiichiMizuno すでに「グリーンアクティブ」のサイトができていますよ。これによってすべての疑問がクリアになるかどうかは分かりませんが。 http://t.co/87AJdrsF
02-19 08:21

@Lordtracyvip 見ようによっては帰ってきたようにもみえるのですが…。
02-19 08:23

@moto_kawara 80年代にフィンランドで作られたものだそうです。各地の特徴が、ゆる~いイラストで紹介されたます(笑)。
02-19 08:24

@Mahiro11252000 おはようございます? 高校くらいまでは、家でコーヒーを飲むといったらネスカフェでしたw
02-19 08:45

@Mahiro11252000 あれはあれで粉の量を変えてみたり、先によくお湯で溶いてみたりと自分なりのこだわりが生まれますよね♪
02-19 09:15

@keigokr 80年代にフィンランドで作られた地図だそうです。見ているだけでとても楽しい気分になりますよ♪
02-19 18:41

さいしょ「江國滋」という名前からなにやら堅苦しい評論めいたものをイメージして身構えたのだが、いざ読み始め...『落語無学 (ちくま文庫)』江國 滋 ☆4 http://t.co/QpwcTpmn #booklog
02-19 18:41

@matu_freedom そうです「江國香織のお父さん」ですよね。落語は、噺家が「原曲」を自分なりに解釈し、ときにアドリブを駆使しながら聴き手を「原曲」の核心へと誘うという点で「ジャズ」に近い気がします。ひとつの噺でも演者によってすべて違うし、またライブ重視という意味でも。
02-19 19:25

@matu_freedom 寄席で次々に登場する噺家をみていると、年齢や格に関係なく評価の高い噺家にはそれ相応の「華」や「器の大きさ」があると、ぼくのような初心者にすら分かります。ダマシのきかない厳しい世界だなと感じますね。
02-19 19:39

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/1573-294f8867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。