北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

「青木先生」泣ける…。鶴瓶の私落語。 http://t.co/CnkgSoM7
02-23 00:27

@uma_goya 体のみならず、さぞかし気疲れの多い旅だったことでしょう。ご苦労様でした。そんな中「萩の月」だけは忘れない、その心構えは見事です。そして「萩の月」はやはりプレーンが最高ですw 田中優子さんの江戸学もいいですね?
02-23 00:37

@seinong 正直バラエティーに出ている姿しか思い浮かびませんでしたが、師匠譲りの落語家のDNAを感じさせてくれる名作ですね。「私落語」というだけに鶴瓶にしかできないネタなので、いつかナマで聴いてみたいものです。
02-23 00:45

@uma_goya さすが、関西ではおなじみなんですね。浜美雪『師匠噺』のなかで鶴瓶が師匠・松鶴について語っていて、その流れで興味を持ちました。次回、物まねのモノマネをぜひ(笑)。
02-23 00:56

@kobapipi おすすめの『師匠噺』を読み始めたのです…。「青木先生」には、まんまと泣かされました(笑)。
02-23 07:08

@uma_goya これはメモメモ。萩の月はチョコ味もありますよ。蛇足ながら、三遊亭白鳥の新作落語に「『萩の月』の由来」というぶっ飛んだ噺があります。では、次回一席w
02-23 07:11

@katsura_n コーヒー飲んでひと踏ん張り!
02-23 07:17

あの空き具合なればこそ? 東京の地下鉄でやったら殺されそう…w RT @etsuro: へえー、ヘルシンキの地下鉄でコーヒーの車内販売始まったんだ… http://t.co/C0Yv1vTZ http://t.co/Cgz7FuIb なんか球場っぽいけど。
02-23 07:19

@kobapipi さすが(笑)。「愛宕山」は上方で聴くのが好きです。いきなり小判を撒くという狂気を孕んだ行動とそこから始まる一連の乱痴気騒ぎ(笑)が、春の陽気のせいなんだなぁと思わせてくれるので。。
02-23 10:36

@kobapipi @0916tai スウェーデンには「カフェトラム」がありますね。あと、市電の中で「おでん」が食べられるのはどこだっけ?… 豊橋だったかな?(笑)
02-23 10:38

@kobapipi いままで(音源で)聴いた中ではやはり米朝のがダントツでしたが、鶴瓶バージョンも聴いてみたいものです。あとは軍隊調の文楽も、畳み込むような下げが圧巻でした。あとは、喜多八の演じる「一八」が好きなので、いつか喜多八バージョンで聴いてみたいですね~。
02-23 13:06

@kobapipi いえいえ、実演はまだ全然聴けてませんから… (仕事柄、火曜日しか体が空かないので)。とはいえ、YouTubeやニコ動のおかげで毎晩2、3席は楽しんでますよ~。喜多八さんの哀愁漂うおネエ系幇間がツボなんですw
02-23 13:34

目を細めて雨あがりの街路を眺めながら聴くこの曲は、最高♪ penny lane - kenny rankin ('74): http://t.co/zewhiLLE
02-23 13:48

@musicanossa 噺家としての鶴瓶は関西ではおなじみ(?)なのかもしれませんが、正直関東ではあまりピンときません…。バラエティーのひと、ってイメージ。でも、彼が言うところの「私 落語」は非常に魅力的で、いつかこちらで聴くチャンスがあればぜひナマの高座に接してみたいです。
02-23 19:41

@musicanossa パペポTVでしたっけ? こちらでもやっていたのかもしれませんが、あまり記憶にないのです…。鶴瓶も上岡龍太郎も好きですけどね。
02-23 21:36

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/1577-04436a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。