北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

初ステファニー(蚊・仮名)。去年より2日遅れ。いきなりほっぺたをやられました。
05-16 11:48

@akkoacco ことしのステファニーは本気デス!!
05-16 11:55

@s_mogura 照れますな… !?
05-16 12:07

@luluyayoi 自分的には、毎年これ以降の数ヶ月を「モテ期」と称しておりますw
05-16 12:09

@pandafelice 蚊は、メスしか血を吸わないらしいですよ(マメ知識)。
05-16 12:24

@mikkimof 激しそうですね、キャサリンw
05-16 12:24

五代目小さん師匠の没後10年、しかもこの暑さとくれば、今日はあの爆笑『青菜』を聴くしかあるまい。何度聴いても「旦那様あああぁぁぁ~~」のフレーズに悶絶。 #nowplaying 青菜 - 柳家小さん http://t.co/LVaYZFbA
05-16 12:29

@sumimaho あのギャップにやられました。お得な「気まぐれサンド」旨かったです。かねもち!!
05-16 12:30

@Lakka 早いですね。馬のようにシッポがあれば払いのけられるのにw
05-16 12:39

@pandafelice ハイ、毎年この時期は「モテ期」と呼ばさせていただいております。笑
05-16 12:40

@nonames74 遅レス失礼します。小三治師匠の話術は、個人的にとても音楽的だと思っています。ボソボソとおしゃべりしているようでいて、そのじつ完璧にコントロールされたトーンと間。気づいたら足でリズムをとっていたといった感じで、どっぷり噺の世界に持っていかれてしまうのですね。
05-16 12:44

@Lakka そうなんですね。遠目に見るとひゅんひゅん振っているようにしか見えないですけどねw
05-16 12:45

@hipoparadise この夏もモテモテでっす(※蚊限定)
05-16 13:14

@poutapilviSATO 今年もまた、吸血女子(♀)と草食オヤジの死闘の季節となりましたw(遅ればせながら、おかえりなさいませ)
05-16 13:47

和田誠の「落語とジャズ」、安鶴先生の小説に登場するプロデューサー「湯浅」、とりわけジャズミュージシャンたちから贔屓にされたという8代目三笑亭可楽… 「点」が「線」で結ばれて「面」になり、星座のような「ドラマ」がこぼれだす。これぞ、読書の快楽@仕事ちうw
05-16 17:31

@nonames74 まさにゆうべのマクラはそんな感じで始まりましたw 志ん朝さんはさながらモーツァルトのように流麗で破綻しない「音楽」、対する小三治さんはジャズかなぁ…? ふむ。可楽さんはその面白みがなかなか分かりづらいのですが、今夜あたりBGMのように聴いてみます。
05-16 17:41

@mikisinip 相手の姿が見えないという点では、ステファニーもスティーブも似てますなw
05-16 20:59

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/1663-55912f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。