FC2ブログ
北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

ひとにはさまざまな《過去》があるものだ。たとえば、かつてmoiの店主が「少年ファイターズ」の会員、しかもその「第一期生」だったりとか。

ことさら好きでもない「日本ハムファイターズ」のファンクラブに入ったのは、たしか小学一年生のとき。「後楽園球場」での試合終了後、会員を募集しているのを目にした父親が、ほら入れ、入れ、とぼくをうながし入会させてしまったのである。かといって父親が日ハムファンだったかといえばまったくそんなことはなく、ただ誕生したばかりのチームのファンクラブにじぶんの息子を入れてみたかっただけではないか、と睨んでいる。ようは「あたらしもの好き」なのだ。

そんな父はたいへんにおっちょこちょいなところがあって、「少年ファイターズ」のイベントとして開催されたサイン会では恥ずかしい思いもした。それは若手選手がこどもたちにベンチでサインをしてくれるものだったのだが、父はそのなかに一人の選手をみつけ、「あれは大下選手にちがいない」と言うのだった。だがぼくには、絶対にちがうという確信があった。大下選手といえば当時のスター選手のひとり、ところがその日参加していた選手たちはといえば、こう言っては申し訳ないが若手の無名選手ばかり、どうかんがえたってそこにあの大下選手がいるはずはなかった。だいいち背番号がちがった。にもかかわらず父はその選手に近づき、大きな声で「大下選手サインお願いします」とぼくの『ベーブルース物語』をさしだした。すべての点でまちがってはいたが、それでもその選手はニヤニヤしながらサインをしてくれた。サインははっきりとこう読み取れた。「鵜飼」。その日から、ぼくは鵜飼投手のファンになった。

ところで、ぼくが小学生のころといえば、とにかく野球というスポーツが絶対的な人気を誇っていた時代、当然のように、小学生の男子はみなひいきチームの野球帽をかぶっていた。断トツで人気があったのはやはりジャイアンツ、ほかには阪神や中日がちらほらいるといった具合で、パリーグの、しかも日本ハムの帽子などかぶっている子供は全校じゅう見渡してもほとんどみつからないといったありさまであった。しかも「少年ファイターズ」の特典として、野球帽は市販のものとは異なるツバの広い、ロゴマークが刺繍されたプロ仕様のものだったのでよけいに目立った。放課後の草野球では、太り気味の体型に日ハムの帽子をかぶり、豪快なフォームからこどもに似つかわしくない「重い」球を投げ込み三振を奪い取ったものである。いわゆる「ちびっこ江夏」時代である。ただし、その後豪快すぎるフォームがたたって肩を壊しやむなくアンダースローに転向したため、「ちびっこ江夏」の名前は返上したが。

優勝とは無縁のファイターズの試合は、おなじ後楽園球場をホームグラウンドとしていたジャイアンツとは対照的にいつもガラガラだった。「少年ファイターズ」には外野席への入場がフリーパスという特典もあったので、けっこう足しげく球場へ通った。高学年になると、つられて入会してしまった「少年ファイターズ」の同級生と連れ立って球場へ行くようにもなった。「探検」と称して球場内をほっつき歩き、「ネット裏」に忍び込んだり「太平洋クラブライオンズ(現在の『西武ライオンズ』の前進)」ファンのガラの悪さにビビったり・・・ファイターズの応援にゆくというよりは、気づけばいつもファイターズが試合をやっている「遊び場」に行くという感覚になっていた。

こうしてなんとなく、ずるずるとぼくはファイターズのファンをやっている。積極的に声援をおくるというほどでもないが、なにかのはずみで野球の話がでれば迷わず「ファイターズファン」だと公言する。なんといっても、そう口にしたとたんその場の空気がいっぺんになごむところが気に入っている。周囲に敵をつくらない、そういう戦闘集団なのだ、ファイターズは。「万年Bクラス」のイメージながら身売りもせず、よって20年以上もおなじ「日本ハムファイターズ」という名前で存続しつづけている、そういうチームはパリーグで唯一「日ハム」だけである。そういう「しぶとさ」もまた「日ハムらしさ」であるかもしれない。

さて、そのファイターズが本拠地を東京から北海道へと移し、あの新庄が入団し、ついには25年ぶりに「リーグ優勝」までしてしまったのはご存じのとおり。それでもあいかわらず、やっぱりファイターズはあのファイターズのままで、そこはかとなくゆるさをにじませたチームであるところがぼくにはなんともうれしかったりするのだ。
コメント
この記事へのコメント
年期はいってますねぇ
ゆるいのはハムだからでしょうね。食品がチーム名ってやっぱりゆるいですよ。よく考えるとヤクルトもゆるいし。
ワタシは90年代半ばからのファンです。19時頃ドームに行っても球場の駐車場に普通に停められたので気楽に見に行ってました。いつしか毎日投げてる島崎が好きになり、下柳が好きになり、建山が好きになりました。年間25試合位行ってましたよ。何年か前の台風の日に、あんまりお客が少ないので野鳥の会のように数えてみたら500人しかいなくて絶句したことがあります。今、札幌は満員ですよ!! 最近はFsファンと言ってもニヤニヤされないし驚かれないんです。変わりましたよね。
ワタシの近所にはフライヤーズファンだった古老がいます。祭りの時に会ったりすると、映画は東映!!野球は駒沢!! なんて時代のことを聞かせてくれるんですよ。
2006/10/13(金) 22:25 | URL | bleu et rouge #-[ 編集]
こんにちは
> bleu et rougeさん

年間25試合とは「立派なファン」ですね。こちらはスポーツニュースで結果をチェックする程度の「ファンとは言えないようなファン」です。

さすがに、東映時代も含めフライヤーズ時代は知りませんねぇ。お客さんがいっぱい入っている札幌ドームをみると、しみじみ「よかったなぁ」と思います。

ちなみ、セリーグではやはり「ヤクルト」ファンです。いつかヤクルトVS日ハムの日本シリーズが観てみたいものです。
2006/10/14(土) 00:03 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
はじめまして。
荻窪のmoiさんにはずっと以前に一度。
(沼津のお話をしていただきました。)
こちらのmoiさんブログには遠くてもちょくちょくとお出かけできるので、一方的に楽しませていただいております。
話題は「日ハム」..あらゆることに少数派な私も周りにはなかなかいない日ハムびいきできました。
きっかけは、西崎投手と誕生日が同じだったから。
やはりプロ野球ニュースの「その他の結果」で勝敗の確認をするくらいのゆるいファンのはしくれですが、
万年Bクラスだった日ハムの優勝は大いに喜ばしいことです。
2006/10/14(土) 10:27 | URL | kaltio. #-[ 編集]
ちびっこ江夏・・・・・・笑
今からでは想像が出来ないけれど…、こういう温かい話し大好きです。子どもの頃の話しを読んでるだけで、涙が…、年かしら…?
2006/10/14(土) 11:04 | URL | かにゃこ #-[ 編集]
今度は、ペサパロ(フィンランド野球)チームの創設に努力してください。
2006/10/14(土) 11:16 | URL | Jussi #9GyKgfi6[ 編集]
帽子あれこれ
関西の小学生の帽子は、かの縦縞チームが9割を占めていましたが、そんななか、なぜか近鉄の帽子をかぶっていました。あの猛牛ロゴのデザインが岡本太郎ということを知ったのはずっと後のこと。ちなみに西武ができたてのころだったので、ライオンマークに惹かれて西武帽子のやつもいましたっけ。
2006/10/14(土) 15:23 | URL | N #-[ 編集]
僕は、南海ホークスからダイエー・ホークスに変わったときに初めて野球帽を買い、一小学生としての野球ファンになりました。茶色い帽子の時です。もしかしたらオリックスの帽子を買っていたかも知れません。。。
でも今は、楽天がんばれです!
2006/10/15(日) 04:11 | URL | H #-[ 編集]
そういえば
全然野球なんて興味ないのですが、日ハムファンの友だちに連れられて2、3度見に行きました。
メガホンまで買って。
帰りの電車では見知らぬおじさんに「日ハム好きなの?」なんて声をかけられたことを思い出しました。
その友だちは私に選手名鑑などをプレゼントしたりいろいろと洗脳を試みたのですが、いまだ野球ニュースになるとチャンネルを変えてしまう私(笑)
2006/10/16(月) 13:01 | URL | yuri #-[ 編集]
ミーハーな私は・・・
そもそもあまりスポーツ観戦ができません。飽きちゃうんです。自分もやっていたバレーボール位です、エキサイトして見てるのは。プロ野球っちゅうものは、田舎に住んでいた10~18歳の頃、テレビ中継するのはジャンアンツ戦のみで、たぶん父親はGファンだったのでしょうか?絶対G戦を見るわけです。その裏で私の大好きな番組をやっていようとも!!!なので私はそれだけの理由でアンチGなのです。むちゃくちゃな理由かもしれないけど。だいたいが野球に興味がなかったのですが。
そんな私が?!もうだいぶ前ですが、何かで見て、日ハムの西崎君にちょっと「ぽっ」としてしまったのです。まぁ好きずきですけど、野球選手的にはいい男でしょ?あれ?男の人に聞いても無駄か?
で、そっからにわか日ハムファンになったのですが、それも確かワンシーズンでした。
そんなこんなで?!優勝おめでとうございます。
2006/10/17(火) 13:05 | URL | MIZUKI #-[ 編集]
コメントありがとうございます
> kaltio.さん
おひさしぶりです。そうか、思い返せば西崎が投げていたころはちょっとファンが増えていたかもしれませんね。なつかしです。

> かにゃこさん
「ちびっこ江夏」を想像して可笑しくて涙が出た、という話じゃないですよね?以上、確認でした。

> Jussiさん
ぜひ、ルールをこんど教えてください。

> Nさん
近鉄のロゴって太郎だったんですね。知りませんでした。こちらでは、なんか「吉野屋」とか言われていた記憶が・・・笑。

> Hさん
うーん、楽天がんばってほしいですね。でも、いいファンがたくさんついていてある意味しあわせなチームかもしれません。

> yuriさん
メガホンまで買いましたか(笑)。ちなみにハムのは持っていませんが、ぼくはヤクルトのを持っています。もちろん2本(笑)。

> MIZUKIさん
ジャアインツがなければ好きなテレビが観れたのに~ということですね。最近のプロ野球選手はスマートな「イケメン」が多いですね。現在のハムだと、やっぱりダルビッシュとか?
2006/10/17(火) 21:36 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
私も元少年ファイターズ。後楽園球場の2階席では、1階席に向かって焼きそば投げてる悪ガキが。。。。球場職員にしょっちゅう説教を食らってた懐かしい思い出。
2006/10/21(土) 21:09 | URL | 中年ファイターズ #-[ 編集]
概要
下記のアドレスにペサパロの国際試合の概要がありました。おおよそのルールも書いてありますよ。(英語)
http://www.nic.funet.fi/index/sports/pesapallo/pesapallo.introduction.ver102

北海道にはチームもあるようですね。
2006/10/23(月) 09:38 | URL | Jussi #9GyKgfi6[ 編集]
遅くなりました
> 中年ファイターズさん
同志!ですね。
しかし、どうも少年ファイターズ、ロクなことしていませんね(笑)。

> Jussiさん
荻窪ファイターズでも作りますか?ユニフォームはもちろん「真っ黒」で。
2006/10/25(水) 14:07 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
やっぱ
ファイターズ(戦士)よりも、Leijona(レイヨナ)ですかね。

日本語でいうとライオンズになっちゃうけど...
2006/10/26(木) 16:54 | URL | Jussi #-[ 編集]
レイヨナ
Jussiさん

荻窪レイヨナ、ってなんかあんまり強そうなイメージではないですね。「ヨナ」がいかんですね、たぶん。

かといって、荻窪ライオンズじゃマンションと間違われそう?!
2006/10/27(金) 13:43 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
鵜飼投手って、鵜飼克雄投手の事でしょうか?彼の球種やフォームを覚えていたら教えて下さい。
2008/02/24(日) 22:51 | URL | 佐藤 #-[ 編集]
残念ながら
> 佐藤さん

あまりに遠い記憶すぎてまったく思い出せません。あしからず。確実に何回かはこの目で見ているはずなんですけどね・・・
2008/02/27(水) 23:50 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/194-7010ff24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック