北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

【日々の泡】レジでゾロ目が出るとよろこんでくれる某スーパーきってのコワモテのおばちゃんの姿を最近見かけない。ちょっぴり心配しています。。
04-22 11:03

@pandafelice シュークリームというよりは、シュー・ア・ラ・クレームって感じですね。カスタードの上のクリームの味が気になる…。
04-22 13:03

@pandafelice バナナ×カスタード×モカクリーム…よい組み合わせですね。さすが、中堅OLともなると食べてるものがちがいますね☆
04-22 13:13

@may_chan_7 コワいのですが、ゾロ目がでると相好を崩してよろこんでくれるのがツボでした(笑)。
04-22 14:40

@Asuka_waterlily お店の中&お店の前あたりにはありませんでしたー。早くみつかるといいですね。
04-22 17:16

@Asuka_waterlily よかったですね!ポケットに穴が…それは気づかない(笑)。
04-22 17:21

@saoriissu おひさしぶりです!(笑)
04-22 17:22

山本嘉次郎が回想する明治~大正期の東京下町の庶民の食卓に触れると、まだそこが落語の世界と地続きであったことがよくわかる。「甲府ぃ」でおなじみの豆腐屋の売り声、銭湯と理髪店と蕎麦屋が隣接する町かどや 鍋を手に買いにゆく味噌おでんの味…。 http://t.co/NqUL05a3BP
04-22 22:06

@ninni218 食通として知られた映画監督によるエッセイ集ですが、なかなか示唆に富んだ一冊です。著者が特に強調するのは、近頃(昭和40年代ですが…)の食べものからは「におい」が失われてしまったということです。
04-22 22:20

「いまの洋食のまずいのは、その匂いの良さを失っているからである」と映画監督であり、食通としても知られる著...『洋食考―食べものダンディ学 (1970年)』山本 嘉次郎 ☆4 http://t.co/dlddV9z0N6 #booklog
04-22 23:52

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2019-dba64e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。