北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

@myamad13 りょーかいです!!
04-26 08:22

@myamad13 りょーかいっ
04-26 08:48

@idyllic1970 《熱さ》はいつも恥ずかしくてカッコイイことだと思うんで、RONDADEにはそんな「カッコ恥ずかし道」を極めて欲しいと思ってます!…(笑)。
04-26 09:40

@idyllic1970 はた迷惑な感じでよろしく!
04-26 09:47

@souslenez @idyllic1970 学ランを着せてあげて下さい。似合うと思うよw
04-26 10:31

@souslenez @idyllic1970 もう、いっそ上着はぜんぶスタンドカラーでよいのでは?(笑)
04-26 11:17

最近、大正時代に(主に都市部で)幼少期を過ごした人たちの感性の《モダンさ》について考えているが、1970年の「万博」でブーレンとして携わった人たち(新井真一、岡本太郎、丹下健三ら)がまさにその世代にあたると知り、あの《未来》に対する手放しの希望と称賛の理由が分かるような気がした。
04-26 12:27

もちろん、「万博」のテーマ「人類の進歩と調和」の背景には冷戦や原爆の生々しい記憶もあるのだろうけれど、どこかで、それは乗り越えることのできる問題であるというこの世代の人たち共通のオプティミズムによってオブラートのようにくるまれているような気がしてならない。
04-26 12:37

@mplantyoko お待ちしております!!
04-26 13:45

@matu_freedom 記憶の中にある面白いおじいちゃん、カッコいいおばあちゃんたちへのオマージュから始まった関心ですが、その「軽み」「柔軟さ」「屈託のなさ」といった特徴は、やはりその「時代」に負うところが大きいようです。彼らの残した作品に触れるのが、いまはとても楽しいです。
04-26 14:54

ボーッとしていると突然冗談のように忙しくなったりするから、この仕事は侮れない。計画を立てて段取りよく仕事を片付けたいひとには向かない職業である。
04-26 14:58

@latanta ありがたや~です。
04-26 15:06

@may_chan_7 仕事を計画的にこなすのが苦手なので、もしかしたら向いているのかもしれないと思いましたw
04-26 15:06

@utacochan ごぶさたです~。火曜日でしたか…残念っ。またお待ちしてますね!!
04-26 15:16

@tea_ou_cafe 夏休み最後の日に宿題を泣きながら片付ける感じ。それ以外は、ご存知のようにナマケモノのような日々w
04-26 15:36

@zapunkloverK まあ、そう思っていれば間違いないですね笑。それでストレスを抱えないのが大事なのでしょう。
04-26 15:52

ただいまのお時間、満席でご迷惑をおかけしております。。
04-26 16:14

誤解を与えてしまい申し訳ありません。お入りいただけなかったお客様&店内で窮屈な思いをされているお客様双方に向けての発言のつもりでした。 RT @s_nam7: @moikahvila その言い方だと今居るお客さんが迷惑みたいに感じられるので満員御礼的な別の言い方がいいと思いますよ
04-26 17:06

吉祥寺、すこし雲行きが怪しくなってきました。念のためにカサがあったほうがよさそうですね?
04-26 17:13

@rocca2405 前線は、すでに埼玉まで南下してきている模様です。。 http://t.co/YS57m54vEr
04-26 17:26

@s_nam7 とんでもないですー。受け止め方はひとそれぞれなので、十分に気をつけて発言しないといけないと改めて感じました。言いにくいことをおっしゃっていただき感謝です!ありがとうございました。
04-26 17:43

お墓に行きたい!!なんて言ったらおかしな人みたいですが、ついそんな風に言いたくもなるほどストックホルムにある「森の墓地」は特別な場所。近々スウェーデンに行く予定のある人は、絶対に足を運んで欲しいです。http://t.co/RmxsSw7nqu @moetomoe628
04-26 17:56

@kobapipi たしかに。ストックホルムで遭難とかシャレになりませんねw
04-26 18:08

@zapunkloverK ミートソースを食べ終わった後にパスタを茹ではじめるとか、そんな感じですか?w
04-26 18:10

@matu_freedom 音楽関連だと、たとえば評論では野口久光、植草甚一、作曲家だと服部良一、三木鶏郎などがこの世代にあたります。
04-26 18:31

@kobapipi まあ、埋葬する手間は省けますなw
04-26 18:35

@Kimchan4942 素晴らしいですよね。しばらく散策するだけで心が浄化されるような気分になります。
04-26 19:07

@Kimchan4942 ぼくも実際に行くまでは、ひとから勧められても「え?お墓?」って感じでしたが、足を踏み入れたとたんみんなが熱心に勧めてくれた理由が分かりました。
04-26 19:24

@matu_freedom ずいぶん乱暴な仮説ではあるのですが、ぼくもふたりの名前を目にしてとても納得できる気がしました。
04-26 19:44

@chu_chama おなじ言葉でもいろいろな受け止め方があるので、やはり接客業に携わる者としては十分に気をつけなきゃいけませんね…。東急の場所がお分かりになれば、東急の北側に面した道(大正通り[セブンイレブンやマツキヨが目印])を3分ほど、お花屋さんの隣です。迷ったらTELを。
04-26 19:58

@matu_freedom 万博関連では新井真一(1913年生)という通産官僚の存在が興味深いです。事務総長という、いわばプロデューサー的な立場で万博に関わるのですがなんらかの事由により更迭されてしまいます。岡本太郎の起用もこの人の強い推挙だったそうです。
04-26 21:13

@matu_freedom ちなみに新井氏は昨年亡くなっていますが、北浜に新井家所有の歴史的建造物(新井ビル)が残っており、現在「五感」というショップが入っているそうです。大正期の大阪で裕福な幼少期を過ごしたと思われます。http://t.co/DBeclRgkwL
04-26 21:15

@matu_freedom おお~!通産省のデザイン課初代課長で、退官後はデザイン関係の団体の要職なども務めていたようです(天下りってやつ?)。恐らく日本の建築、デザイン界に強力なネットワークを持っていたと思われます?実現した万博の下図を描いたのはこの人物だと思いますね。
04-26 21:38

@matu_freedom 豪腕で敵も少なくなかったのでしょうね。
04-26 22:11

@takashihoriuchi 年輪がまた増えて、ディモンシュという樹の幹もまた太くなり、その下にまたたくさんの人たちが憩いを求めてやってくるのでしょうね。おめでとうございます。
04-26 23:40

@takashihoriuchi 堀内さん仕事し過ぎです(笑)。ディモンシュさんには太く長く続いてもらわないと困りますので、よろしくお願いします。
04-26 23:46

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2024-bbfa09c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。