北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

@kobapipi トリで反対俥って珍しい?!かなり遠くまで行っちゃったのでは?(笑)ちなみに今夜の喬太郎師の「寝床」では、一之輔はにぎわい座に行ってしまって旦那の義太夫の会には来られないとのことでした(笑)。
05-01 00:06

@kobapipi 登場するなり、割れんばかりの拍手と「待ってました!」の掛け声。それに対して、顔をあげるなり「一之輔の代演で来ました」(棒読み)笑。
05-01 00:17

@toohbon 美観地区として街の保全が担保されていないと、なかなか登録は難しいのでしょうね。
05-01 00:19

@kobapipi 菊之丞師にはあんまりいじられてる印象ないですが、さすがは文師(笑)。一朝師の「短命」聴いてみたいです。
05-01 00:33

伝説のピアニスト原智恵子(1914年生)の最初の夫は、後に「キャンティ」をつくることになる川添浩史(1913年生)。ミュージカル「ヘアー」の上演や万博にも関わり、ロバート・キャパとも親交があった。この辺りのピープルツリーも興味深い。 http://t.co/jLr6PP0udh
05-01 00:49

5月1日(水ようび)きょうは、13時からお店で「フィンランドのシナモンロール」を売っています。ムーミンも大すき(たぶん)。カフェはお休みです。前田えりこさんのかわいい「くつした」も売っています。5月6日までです。吉じょう寺に来てね。 http://t.co/PHwDLodA6E
05-01 10:08

【メモ】1920年10月、京橋の星製薬でロシア未来派の作品500点余を集めた「日本に於ける最初のロシア画展」が開かれる。竹久夢二はたびたび足を運び、パリモフやブルリュークに紹介されている。会場となった星製薬は星新一(1926年生)の実家。
05-01 10:35

戸板康二から始まった日本のモダニストたちの系譜をたどる旅。平尾貴四男、尾高尚忠、池内友次郎、原智恵子、川添浩史、松本竣介を経てますます収拾がつかなくなってきた。誰の役にも立たず、誰にも迷惑を掛けないこうした純粋な自己満足の《旅》は、しかし、愉快だ。
05-01 11:36

吉祥寺のカフェモイです。15時現在【フィンランド風シナモンロール】まだご用意できます。くつしたの前田えりこさんも16時までお店にいらっしゃいますので、ぜひご来店ください!!! #kichijoji
05-01 15:03

おかげさまをもちまして、本日「フィンランド風シナモンロール」は完売いたしました。GW中のテイクアウトは4日(土)、5日(日)、イートインでは毎日お召し上がりいただけます。みなさまのご来店をお待ちしております!!
05-01 16:31

@paguo_kusyami その歯医者、大丈夫ですか?去年ぼくが通った吉祥寺の歯医者かんは、白いのでも全部保険でやってくれましたよー。
05-01 18:31

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2029-bcab5fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。