北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

以前、アンティークショップで手に入れた清水焼のオブジェ。共箱には「正文作」とあるので、おそらく藤平正文という陶工の手になるものと思われるが、調べてもその作品に同じような趣味のものが見当たらないのがいかにも不思議である。 http://t.co/J5Wti16NsZ
05-13 12:27

@whitebellsweet ありがとうございます。もともと手に入れたお店が骨董を扱うようなお店ではなかったので、たしかに中身と共箱がちがってしまっている可能性もありますよね…。
05-13 12:40

@whitebellsweet 確かにそう思う反面、どういう時代にだれが作ったのかその背景を調べたくなってしまうという…これはもはや趣味というか、一種の病気ですね笑。
05-13 12:50

いまさらだけど、「近鉄バッファローズ」のロゴをデザインしたのは岡本太郎だったのか…。それを知ってしまうと、もうそのようにしか見えない。大阪近鉄バファローズのロゴ:アートかデザインか | ロゴストック http://t.co/9dPeyBNbzb
05-13 13:02

@s_ryujaku 70年代のプロ野球チームのユニフォームはとても個性的で楽しかった記憶がありますが、近鉄のはその中でも群を抜いて冒険的でしたよね。なるほど岡本太郎か!とちょっと感動。ちなみにぼくは日ハムの応援団「少年ファイターズ」第一期生でした(笑)。
05-13 13:19

@tofu4cyome @aaltocoffee @photojenny37 《夢の競演》を見逃す手はないですな。握手とサインと一緒に写メもお願いします!
05-13 18:21

@tofu4cyome @aaltocoffee @photojenny37 作品、穴があくくらい拝見したいです(もし本当に穴があいてしまったらすいません…)。
05-13 19:06

競馬場を題材にした絵には好きなものが多いなぁ。藤田嗣治のもデュフィのも。薫風の中、青々としたターフを駆け抜ける優駿の姿が見られるこの季節は格別…。 http://t.co/y18NJganqu
05-13 19:53

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2041-602acaee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。