北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

【定期ポスト?】ニルスのふしぎな旅 http://t.co/xsCQ8oyYNH @Dailymotionさんから
05-19 09:03

@toukan854 子供のころに触れた北欧のイメージといえば、これとムーミン、それに小さなバイキングビッケ。
05-19 09:20

活気にみちあふれた「朝市」に立ち寄ってきました。(ロヂャースの)
05-19 10:20

もともとオークラウロでの演奏を前提に作曲されたこの曲が、でも、今後オークラウロで演奏されるきかいはまずないのだろうな…。聴いてみたい。平尾貴四男「フルートとピアノのためのソナチネ」 (1941) by 平尾はるな;野口龍
05-19 12:34

「1911年(明治44年)」に、日本人にとって「北欧」との出会いの「発端」となるような出来事が、新劇、女性解放運動、日本におけるキリスト教という局面でそれぞれ同時発生的に起こっているのがおもしろい。実際、よく見てゆくとそれぞれがじつは横断的につながっていることがわかる。
05-19 12:54

でも、当時の《北欧》はあくまでもドイツやロシアまで含めた「北ヨーロッパの一部」といった程度の認識でしかなくて、北欧=スカンジナヴィアという認識になるのはそれよりもしばらく後、1920年代後半から30年代初頭にかけてと思われる。
05-19 13:23

@mamewoyuderu 夜市のほうが空いているのでいいですよね。朝は、アメリカ人か!!とツッコミたくなるくらい大量の買い物をするお年寄りで溢れてます(笑)。
05-19 13:36

@may_chan_7 フランスに留学したひとですが、当時の作曲家の例にもれず東洋の音楽と西洋の音楽との融合をめざしたひとですね。彼のヴァイオリンソナタ(傑作!)にはタンゴ風のリズムも登場してより都会色が濃厚です。初音ミクのシンフォニーでおなじみ(?)の富田勲の師匠です。
05-19 15:59

フィンランド風シナモンロール(お持ち帰り分)は本日完売いたしました。ありがとうございます。
05-19 16:23

ベジャールのハルサイ、何度見てもオモロい。
05-19 21:50

@Nya_0701 モイにも、顔だけでも出してねw
05-19 21:51

@sirousamy そうそう、ボレロも。どちらも踊るひとは大変でしょうが…。
05-19 22:02

@kobapipi そうですよ。常識です、常識、ハルサイ(笑)。パリコレみたいなもんじゃないすか?(笑)
05-19 22:05

@kobapipi たしかに。ハルサイをもたない多崎つくるが黄昏の商店街を徘徊してるイメージですね。
05-19 22:15

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2047-e9964a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。