北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

吉祥寺のヴィレヴァン跡地は、どうやら「ベターホームのお料理教室」で決まったようだ。
09-09 10:40

@isotakeo たしか、もう半年くらい前でしたか…。かなり広いのでなかなかテナントが決まらないようでした。
09-09 11:24

衣笠貞之助『狂った一頁』に戦慄。こうした映像作品が大正時代(1926年)に公開されていたことに驚くよりも、大正時代を含む日本の1920年代が〝そういう時代〟であったことをあらためて知り、驚く。感覚のレンジは、大正時代の人たちより現代の人たちの方がずっとずっと狭いのではないか。
09-09 11:52

@matu_freedom いろいろな逸話の持ち主みたいですね。父親の日記を題材にした北村薫の『いとま申して』に、当時旧制中学の生徒だった父親が劇場で『狂った一頁』を観てきた話があるのです。検索してみたところYouTubeに全編アップされていて…衝撃でした。
09-09 12:17

@viewsan 正直そんなに利用しなかったですけど、あの場所からなくなってしまったのは残念です。吉祥寺もどんどん変わります。。
09-09 12:41

@matu_freedom 衣笠監督の感性もズバ抜けてますが、興行的には失敗に終わったとはいえ(当然)、ああいう作品を受け容れる感性があの時代の都市部の人たちにはふつうにあったのだということが驚きです。
09-09 12:45

@viewsan 変わらずにあることを好ましく受け取ってくださるお客様がいらっしゃるかぎりは、頑張れそうな気がします。
09-09 12:46

@matu_freedom 当時の若者の日記に触れると、乾いた大地に水がしみこむように、あらゆるジャンルの音楽や映画を先入観なしに食いついているのに驚かされます。思えば、マツさんの楽しみ方はまさに大正デモクラシーっぽいです。
09-09 13:29

@inooper 東急裏に15年…下北と並ぶ東京では老舗のヴィレヴァンだったそうです。地下で目立ちませんでしたが売り場面積の広いお店でしたよ。
09-09 13:53

2020東京オリンピックのプロデューサーは、この顔ぶれの中からあっさり内定するのかな?→ http://t.co/Q7KSBrXENq
09-09 17:58

@idyllic1970 じゃない?真面目な話w
09-09 18:08

@kobapipi 右に同じw
09-09 18:09

@idyllic1970 蜷川さんは7年後には85歳だからないのでは?総合演出/秋元康、美術部分を日比野or佐藤にスーパーひとし君。
09-09 18:25

@kobapipi 正直、開会式とかどうでもよいのですが、これ以上開発で古い建物や緑が消えてゆくと思うとそれが一番イヤです。
09-09 18:27

@kobapipi 森ビルが舌なめずりしている姿が目に浮かぶようです。
09-09 18:39

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2186-03aa991c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。