北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

moikahvila

@sirousamy そのくすぐりは以前にはなかったですね~笑。そういえば、根津美術館で井戸の茶碗がみれるのですね。どういうものか、実は全然知りません笑。
11-28 09:06

お待たせしました!【吉祥寺北欧WALK】のMAP配布再開いたしました。ご来店の折りにどうぞ。#吉祥寺北欧WALK
11-28 10:43

RT @cynanyc: 80年代のセゾン文化は、僕は再評価すべきだと思う。パルコ、ビックリハウス、DCブランド、雑誌アクロス、パルコ劇場、セゾン美術館、アールヴィヴァン、六本木WAVE、無印、J-WAVE…合掌。/堤清二さん死去…セゾン元代表、作家「辻井喬」 http://t…
11-28 14:26

確かに> RT いまなにかしらクリエイティヴな仕事に就いている40代のひとで、80年代のセゾングループの影響をなにかしら受けなかったひとはいないんじゃないかなぁ。
11-28 14:26

@toohbon 無印は、堤氏が追い出された後だと思っていたのですが、そうではなかったのですね。。
11-28 14:30

@kobapipi 僕は高校の通学路が池袋乗り換えだったので、遊び場みたいな感覚で入り浸ってましたね。百貨店の催事「NY展」で、たった2人の観客(高校の制服を着た僕と友人)を前にボンデージファッションに身を包んだ白人のお姉さんがムチを振り回すショーなんて今じゃ想像できない(笑)。
11-28 14:45

@JinonKim ジノンさんのセンスにも感じられるけど、もしかして80年代のセゾン文化は、あるいは日本よりも韓国の方に受け継がれているかも。。日本のカルチャーは、息子が父親に反抗するように、90年代になって正反対の方向に一気に流れてしまったので。。個人的にはとても残念。
11-28 14:48

@toohbon 80年代のセゾン文化があまりにも強烈だったので、90年代になって、いわば父親に息子が反抗するみたいにことごとくそれまでとは逆の方向に流れてしまったんですよね。セゾングループが牽引した80年代には、大正デモクラシーに類似したパワーがありました。
11-28 14:51

高校時代、通学途中にあった西武百貨店(とセゾン美術館、アールヴィヴァン、WAVE、スタジオ200、ポエム・パロールなど)は恰好の「遊び場」であり、かつ同時に「もうひとつの学校」でもあった。見たこともないもの、聞いたこともないものをたくさん吸収した。でも、お金はあまり使わなかった。
11-28 15:01

@kobapipi 狂った成れの果て…(たぶんお互い笑)。
11-28 15:02

@toohbon 実際に経験したひととそうでないひとの間に隔たりがあるのは当然です。たとえば、この先2度と日本では開催されないであろうような先鋭的な美術展がものすごいクオリティーでふつうに開催されていたのもまた、バブルの恩恵なのです。
11-28 15:04

@JinonKim 90年代以降、頻繁に使われるようになった「サブカル」という言葉が正直苦手です。「サブ」ではなく、あらゆるアートの領域を拡大し、「メイン」にしようとしたのが80年代のセゾン文化の功績だとぼくは思ってます。その辺は、いずれジノンさんとゆっくり話したいですね(笑)。
11-28 15:10

@kobapipi ぼくは美術展なら、イヴ・クライン展やフォンタナ展が衝撃だったなぁ。あと、シネヴィヴァンのレイトとか、終わった後の空気感がすごかった。あ、パルコ劇場の志の輔とらないと…>いまだに西武っ子w
11-28 15:13

@kobapipi たとえそれが幻想だったとしても、世の中にはとんでもなく刺激的なものがもっと沢山あって、大人になればそうした世界に触れられるんじゃないかと思わせてくれたのがぼくにとってのセゾン文化でした。あと、「サブカル」って言葉が苦手なのも影響かなw
11-28 15:33

@toohbon 学生のようにお金がなくても、案外存分に遊べたんですよね。金回りがよかった分、企業も売上を社会に還元するというゆとりがあったのでしょう。一瞬、アメリカ流のパトロネージの思想が根づいた時代でもありました。
11-28 15:40

@kobapipi 「つかえない大人養成ギプス」という側面もなきにしもあらず(笑)。
11-28 15:46

仕事柄、落語会に寄り道なんて絶対ありえないと思っていたけれど、思いのほか仕事が早く片付いた上、中入り後の木戸銭は千円だというので急ぎ足で武蔵野公会堂の立川談笑一門会にかけつけた。「文七元結」だけのつもりが、前が押していたおかげで中入り前の「堀の内」まで聴けてしまってラッキー!
11-28 22:29

@makkynet お!懐かしい面々には会えましたか?
11-28 22:32

@sirousamy 談笑版「文七元結」は、長兵衛に文七と同じ二十歳で身投げして死んだ倅がいるという設定にすることで、なけなしの五十両を文七に「くれてやる」説明としてましたね。こういう伏線の張り方の周到さはいかにも談笑師らしいですよね。くたびれることもあるけど笑。
11-28 22:45

@makkynet ランミンヨウルには、ちょっと「同窓会」的側面もありますね笑。
11-28 22:52

@sirousamy 弟子の笑二さんはちょっとタイプが違っていて面白いですよ。
11-28 22:54

@kobapipi めっちゃ時間が押していた関係で、かなり駆け足の堀の内でした。そのスピード感が、粗忽っぷりに輪をかけてましたね笑。
11-28 22:55

@makkynet うわぁー笑
11-28 22:57

@sirousamy 落語会よりも寄席が好きなので、ぼくも落語協会の芝居が多いですよ。
11-28 22:59

@kobapipi ぼくも前回「子別れ」聴いてちょっと苦手だなぁと思ったのですが、今日の「文七」の工夫(長兵衛に文七と同じ二十歳で身投げして死んだ倅がいたという設定)は、巧いなぁと感心しました。ちなみに次回は「片棒(改)」と「黄金餅」(うげっ)とのこと。
11-28 23:03

@makkynet へへ、プレッシャーかけちゃいました。サポートよろしくです笑。
11-28 23:04

@sirousamy 池袋がホームって「通」ですね~。寄席って、ときに奇跡のような連携プレーで思いがけず幸福な気分に浸らせてくれるのでついついクセになります。
11-28 23:07

@makkynet 疲れ過ぎない程度に頑張って欲しいですね。でも、ひとが良すぎるので(笑)守るときはみんなで守ってあげないとね(笑)。
11-28 23:10

@kobapipi いよっ、江戸っ子だねェ(笑)。黄金餅は音源で聴いたことありますけど、エグすぎてムリ!と思いました(笑)。
11-28 23:12

@makkynet 都市部よりも地方の方がむしろしっくりゆくことも多いかもしれませんね。
11-28 23:14

@sirousamy あいだに挟まる色物さんも、ほぼ毎回ネタが同じでも寄席の空間ではなぜか許せてしまうんですよね(笑)。
11-28 23:17

@kobapipi とくとくと説教されたい女TOP3に入りますね~(うそ)。
11-28 23:28

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2266-528664d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック