北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moikahvila

@tea_ou_cafe 一日の終わりに和ませていただきましたー。
02-17 10:56

@uma_goya 一日も早い全快を。先日ワニさんが、遊んでもらえなくなっちゃったよと残念がってましたよw
02-17 11:41

@uma_goya そうですか、それはよかった!リハビリ、大変でしょうが無理せず頑張って下さい。
02-17 11:58

いま大変な思いをしている人たちがいる、ということを思い量る能力に根本的に欠けているからこそ、都知事はこのタイミングで、しかもTVでこういう発言をしてしまうのだろう。ただ正論を言いさえすればいいというものでもない。この人の任期中に震災が起こらないことを願うばかり。
02-17 13:17

初めて北欧を訪れた十数年前。福祉の先進国だと聞いていたのに、段差だらけの歩道や重い手動ドアばかりで驚かされた。でも、トラムに乗ろうとしたベビーカーを押した女性を、乗客のモヒカンの兄ちゃんが席を立ち無表情で手助けする様子を見て納得した。インフラを整備すれば一丁上がりではないのだと。
02-17 14:03

@kobapipi それどころか、自分以外のことは一切考えられない人なのだと思われ…。
02-17 14:03

@AyumuSax それも確かに言えるし、と同時に、それだけ(手助けすることが)「フツー」のこととして根づいているのだなぁと感心しました。
02-17 14:12

@toohbon 極論すると、仮に街が段差だらけだって、自然と手助けできる人がたくさんいれば、もしかしたら工事は要らないのかもしれない。(ゼネコンは儲からんけどねw)
02-17 14:14

@AyumuSax でも、おっしゃることも当たっていると思います。学生のころ、心優しきパンクスの同級生がいましたからw
02-17 14:15

@keinaquario その発言を、オタクの力で観光客の誘致をめざしている某国の担当者に教えてあげたいですよw
02-17 14:16

@toohbon ああ、本当だ。独居老人も多い都会で、宅配や様々なケアが大雪で遅延しまくっているというのに、「たいしたことじゃない」と言い切る知事の下で「おもてなし」だなんて、悪い冗談以外の何者でもないですね。。
02-17 14:22

@kobapipi こういうひとはこういうことに困っている、こういうふうに手を貸して欲しがっているというようなことが書かれたリーフレットとかあれば、もっと勇気を出して接しられるのに、と思います。まあ、不勉強かつ勇気のない自分がいけないのですが…。
02-17 14:28

@kobapipi たとえばお店にしても東京は多過ぎるので、おかしな棲み分けみたいなものができてしまって物足りなく感じてしまうことがあります。
02-17 14:51

@kobapipi 単純に数の問題ではないかなぁ?数が多いと、ファミレスやファストフードのようにひたすら間口を広げて敷居を低くするか、特色を前面に押し出して同じ嗜好のひとを集めるしかなくなるので。
02-17 15:03

クラシック初心者がいきなりフルトヴェングラーに手を出すのがキケンなように、落語初心者がいきなり立川談志に...『談志の十八番: 必聴! 名演・名盤ガイド (...』広瀬和生 ☆3 http://t.co/YoOPvETIO8 #booklog
02-17 16:04

@keiko_si 好みの問題じゃないですかね(笑)。晩年の小言みたいな感じとか、噺の途中で突然素に戻っちゃう感じとか、これはヤバいと思って近寄らないようにしてました(笑)。でも若いころの音源だと素直に面白いなァと思えるんですけどね…。
02-17 17:31

@keiko_si 談志の弟子が書いた本が面白いのは、やっぱりみんなその「芸」だけでなく、「人間」に惚れ込んでしまっているからなのでしょうねェ。
02-17 17:41

@momokorone ぼくもそうなのですが、子育て経験がないとどこをどう手伝ってよいのかわからないのですよね。「ちょっと手を貸してもらっていいですか?」と声を掛けてもらえるとお手伝いしやすいかも。
02-17 18:14

@momokorone ぼくのようにボケーッとした男なら大丈夫(笑)。
02-17 18:57

@cavern1999 ぼくはちょっと、その「芝浜」が苦手かもなんて思っているのです。情感過多な印象があって。でも、70年代の音源に聴く滑稽噺のキレのよさは痛快かつ圧倒的で、こうした時期を経ていずれ晩年の大ネタも楽しめる日がやってくるのかなぁ、なんて逆に楽しみだったりします。
02-17 20:57

@berrynade そうしたことが、ごく当たり前に自然になされているところになりより感心します。後の人が来るまで扉を開けて待つとか、そういうことは早速マネして現在に至ってます(笑)。
02-17 21:54

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/2353-054379c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。