北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

Tea for two、二人でお茶を。いわずと知れたスタンダードナンバー。題名からして、カフェにぴったりな一曲だ。

ちょっと物憂げなニック・デカロは雨の日の、スウェーデンのシンガー、リサ・エクダールなら、軽く飲んだ後に立ち寄った夜更けのカフェがふさわしい。

でもいちばんのお気に入りは、ジャンゴ・ラインハルトがギター一本でつま弾くTea for two。
django

ぶっきらぼうで、でも極め付きの一杯を淹れてくれるマスターのいる喫茶店で
これがかかっていたなら、「ご祝儀」で、もう一杯をおかわりをすることにしよう。








コメント
この記事へのコメント
初めてコメントします
一年ほど前に友人のお薦めで一度カフェを訪れて、その後行きたいなと思いながら、blogをいつも楽しみに読んでいます。 大学時代を京都で過ごしたので、ムレスナティーハウスの紅茶を頂けることやこじんまりとした雰囲気の空間れあることなどが、特に気に入りました。 実際に京都にあるようなカフェの雰囲気を感じたのは、マスターのお人柄やこだわりに寄るものなのでしょうね☆
「Tea For Two」好きなんです。 今月の始めに、友人の招待で主に素人の方が出演するジャズのコンサートに行ったのですが、この曲を若い女性が歌っていてそれもまた可愛かったです。
女性の方が歌う「Tea For Two」で、もしお薦めがありましたら教えて頂きたいです。
2006/05/16(火) 21:21 | URL | kumiko #-[ 編集]
ナラ・レオン「あこがれ」
kumikoさん、こんばんは。初コメントありがとうございます。

これからの季節、昼下がりに聴くのだったらナラ・レオンが歌ったボサノヴァ・バージョンの「Tea for two」がおすすめです。甘くて儚くて、どこか夢のような・・・まさに「白日夢」の世界。ジャケットに映る若き日のナラ・レオンも眩しそうです。

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=947737&GOODS_SORT_CD=101
2006/05/16(火) 22:19 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
ありがとうございます
私の望みと、今の気分にぴったりのCDです!! 伺って良かったです~。 ありがとうございました。
2006/05/16(火) 22:34 | URL | kumiko #-[ 編集]
ぜひ!
>kumikoさん
休日の昼下がりにぜひお聴きになってみてください。
2006/05/17(水) 17:17 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
TEA FOR TWO
小野リサさんのも....
DREAM いうアルバムに入ってます。
2006/05/17(水) 19:49 | URL | TAKI #-[ 編集]
TAKIさんも、
ありがとうございます~。 両方、休日の昼下がりにcup片手に聴いてみます♪
2006/05/18(木) 01:31 | URL | kumiko #-[ 編集]
Tea for two づくし
>TAKIさん
小野リサもボサノヴァ・バージョンですね。

それにしても、世の中にはどれくらいこの曲のカヴァーが存在するのでしょう・・・ジャジーなもの、ポップス調、ボサ・スタイル・・・itunesなどで、この曲のカヴァーばかり探してみるというのも面白いかもしれませんね。
2006/05/18(木) 16:56 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/42-1274e698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック