北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一日の疲れを癒すためにやってきたのは、駅前の「まんが喫茶」。いや、いまどきは「ネットカフェ」と呼ぶのが正解らしい。

故障中のわが家の「給湯器」は、けっきょくまるごと交換することになったのだが、工事は最短でも月曜日の夕方だという。ということは、まだしばらくは「風呂なき子」、同情するならお湯を貸していただけないものだろうか。銭湯?それとも水風呂?、迷ったあげく行きついたのは某ネットカフェ。そこには、客が無料で利用できる「シャワールーム」が完備されているという。しかも、ネットカフェの料金は銭湯よりも安いという事実。「少年ジャンプ」も「コロコロコミック」も、ましてや「りぼん」も買ったことのないこの自分が、終電を逃したというワケでもないのに、「シャワー」のために「まんが喫茶」に足を踏み入れてしまうこの不思議。これを「運命のいたずら」と言わずしてなんと呼ぼう。

などと考えつつ、カラオケボックスのようなエントランスで店のお兄さんから説明を受ける。たとえば、「ドリンクはすべて無料となっております」とか。なにっ?カフェなのにドリンクが無料?カフェ店主にとって、その内容はあまりにも刺激的だ。しかも、シャワーを浴びにくるヤツ(=自分)がいるカフェって、なんなんだそれは。この「退廃的な図書館」めいた空間では、「常識」という名前の方位磁石はなんの役にも立たないと痛感する。などというのはデタラメで、「シャワールーム」は十分使えるものだったし、タダのドリンク片手にネットもし放題。おまけに、かねがね読んでみたいと思っていた「のだめカンタービレ」まで読めてしまったのだから、なかなかなものである。いんじゃない?こういう「カフェ」も。

唯一の不満は、時間の関係で「3巻」までしか読み進めなかったこと。全14巻、なのに。次はいつ行こう?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/52-0db512db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。