北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090106

完璧とは言えないまでも、風邪はもうだいぶよくなった。

おかげで、元旦から三日まではほとんどなにも予定を消化できないまま終わってしまったけれど。いっそのこと、ぼくにとってのお正月は四日が元旦だった、そうかんがえればいいだけの話。となると、今日をもって「三が日」も終了、というわけである。

さて、せっかくの「お正月」である。どうせならふだんとちがう場所で、ふだんしないことをして過ごそう、そうやって無理矢理にでも一年の節目をつけてしまおう、そうかんがえたのだった。

そこで思いついたのが、

露天風呂につかりながら朝日を拝む

というプラン。まずは近所の神社で遅まきながら「初詣」をし、そのまま熱海を経由して東伊豆の網代という町に移動。きのうから今日にかけ、相模湾を一望のもとに見渡せるちいさな旅館に一泊した。ところで、基本的にぼくは温泉というものにまったく愛着のない人間なので、あえて自分から「温泉にいこう」などと言い出すことはまずない。奥さんがビックリしたのも言うまでもない。

前日は曇り空で心配したが、翌朝は晴れて大島の上から朝日が昇る様子をしっかり拝むことができた。もちろん、風呂につかりながら(↑画像は本日午前七時前の日の出)。風邪が治りかけの身としては、早朝の露天風呂はかなりヤバい気もしなくはなかったのだが、風もなく、冬の朝にしては穏やかな陽気だったのはラッキーだった。あとはぼんやり海を眺めたり、コートを羽織って、気が済むまで足湯につかりながら持っていった本を読んだり。滞在時間にしたら24時間にも満たないが、優雅なリゾートライフとは精神的にも物質的にも無縁なぼくとしてはこれくらいがちょうどいい。

あすは、ほんとうのお正月(?)に行けなかった実家にすこし顔を出したりして、失われた「空白の三が日」を猛ダッシュで埋め合わせする予定。

「仕事始め」まで、いましばらくお待ちを。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/608-d968a12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。