北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、ひとことで言えば、弱っている。一ヶ月くらい風邪をくりかえしていたのもそのひとつなのだが、なんというか心身ともに弱っている感じ。

なんとなく原因をかんがえていたら、自律神経系がちょっとおかしなことになっているんじゃないだろうかと思い当たった。年明けからぼーっと過ごすような休みが一日もなかったというのもあるが、それ以上に仕事でもプライベートでも、いつになく日頃やりなれないことや新しいことと取り組む機会が多かったため、無意識のうちにずっと緊張しっぱなし、交感神経がつねに昂ぶっているような数ヶ月だったのだ。

ふだんは山とか海よりも、街の中で人混みに紛れているほうがリラックスできるなんて言っているぼくではあるが、さすがにこの状況はなんとかしなければならない。そうだ、リセット、リセット。とはいえ、リセットの方法を心得ているようならもっとこんなふうになる前になんとかできたはず。それでもあれこれない知恵を絞って、「正解」かどうかすらよくわからないままひとつの答えを導き出した。

そうだ、森へゆくのだ。

そしてここ東京で、気軽にゆける森といったら「明治神宮」である。さっそく、朝、用事を済ませたその足でいってきた。明治神宮、もしかしたら浪人時代に初詣ででかけて以来かもしれない。だとすれば、数えるのも億劫なくらいに昔の話。

森へゆくのだから、アプローチも肝心だ。あえて原宿からではなく、代々木方面の「北参道」から入る。案の定、はるか先まで続く参道にほとんど人影はみあたらない。鳥の声と梢を渡る風の音、それにザクッザクツという砂利道をあるくじぶんの足音だけを聞きながら、ひとりのんびりと進んでゆく。

途中、本殿でお詣り。手をあわせて目をつぶると、どこからともなく一陣の涼しい風がうわぁーっと吹いてきてなんとも清々しい。それにしても本殿の周囲を見渡すと、ほとんどが外国からの観光客で不思議な気分になる。とりわけアジア系のひとたちをずいぶんみかけたのだが、明治天皇とはいえ天皇を祀っている神社なのに大丈夫だろうか、とついつい余計な心配をしてしまった。

つづいて、「明治神宮」の御苑にも入ってみる。いまにも雨の降り出しそうな平日の昼下がり、しかもここは有料(五百円)ということもあってますます人影はまばらになる。というか、怖いぐらいに誰もいない。鬱蒼とした森の中を、順路をたどって散策する。相変わらず鳥の声と風の音、じぶんの足音にくわえて、ときどき虫の羽音や池で魚が跳ねる音が耳に入る程度。視界はもっぱら木々の緑だけだ。この「御苑」の片隅には「清正井」という、加藤清正が掘ったと伝えられる井戸がある。見たところ井戸というよりは湧き水という感じなのだが、不思議なのはその造りで、なぜだか地面に埋め込まれるようにして桶があり、そこからこんこんと水が湧いているのだ。ここはなんでも、都内屈指の「パワースポット」としてよく知られる場所で訪れるひとが後を絶たないらしいのだが、いつまで待っても誰かがやって来そうな気配は一切なく、おかげで「『気』浴び放題」だった。ほかにもここには菖蒲田があり、しばらくしたら菖蒲の花も咲き訪れるひとも一気に増えるのだろうが、静かに散歩したいひとはあえてこの時期がいいんじゃないだろうか。

帰りは「表参道」から原宿へ。途中、参道の脇に一本だけ不自然にモミの木が植わっていて、そこにあった立て札によるとそれが「代々木」という地名の由来なのだそうだ。代々、立派なモミの木が生えることからその一帯を「代々木」と呼ぶようになったのだとか。はたして、これって有名な話なのだろうか。ちなみにいま植わっているのは戦争で焼失してしまったため戦後新たに植え直したモミの木だそうで、それを知ってしまうとなぜだか残念な気分になるのだった。

ところで、ここ明治神宮の森が人工の森であるというのはよく知られた話だ。神社がつくられた九十年ほど前に植林され、手を入れることでここまでなったのだそうだ。ちょっとにわかには信じられないけれど。逆にいえば、百年あれば森はつくれる。これはすごい「教え」じゃないだろうか。フィンランドの森にしたって、その大半はひとが長い時間をかけて手を入れ育ててきたものだと聞いたことがある。夢の島や臨海副都心の埋め立て地が百年後、明治神宮のような森に育っていたら百年後の東京はずいぶんと美しい場所になっているんじゃないだろうか。オリンピックよりも、百年後の人々に森を残す。そういうお金の使い方がなぜできないのか、ひとりの東京都民として残念でならない。

さて、ここ数ヶ月の自分をこれでリセットできたかどうかは定かでないが、都心にあって、正味一時間ちょっととは思えない時間の過ごし方をしたことはまちがいないようだ。ちなみに写真もすこし撮ったのだが、ひさしぶりにフィルムカメラで撮ってしまったため今回は画像なし。いずれ機会があったらアップしようと思う。
コメント
この記事へのコメント
効果はいかがですか?
私も疲れ気味の一人です(笑)ので、ぜひ効果を知りたいです。
森は心や体をいやしてくれそうですね。
浴び放題の「気」。きっと効果大だったとは推察されますが・・・
2009/04/23(木) 16:35 | URL | ムーミンママ #-[ 編集]
こんにちは
> ムーミンママさん

どうなんでしょうね~。あまりそういうのを信じる方じゃないもんで、正直効果はわからないのですがちょっとした気分転換にはオススメですよ。
2009/04/23(木) 18:52 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/675-1294afc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。