北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sininenbaari.jpg

2002年の7月、「moi」を荻窪にオープンしたときぼくはウェブサイトに、一杯のコーヒーは

「生活にとっての句読点のようなもの」

と書いた。

仮にこの世の中に「句読点」が、つまり「、」や「。」が存在しなかったとしても、ぼくらは文章によってコミュニュケーションすることはできる。じゃあ、「句読点」なんて不必要なんじゃないかと問われれば、あるいはそうかもね、と答えることだろう。と同時に、それについてはぼくはこんなふうにもかんがえる。なくてもいいけど、でもあったほうが全然いいものなんじゃないかな?、 と。

なんだか理屈っぽくなってしまったけれど、ぼくはこの「句読点」をそのまま「カフェ」、あるいは「一杯のコーヒーとともにカフェですごす時間」と言い換えてもかまわないんじゃないかと思っている。カフェもまた、なくてもかまわないが、でもあったほうが全然いいもの、だからである。

ところでこれはちょっとした愚痴と思って聞いてほしいのだが、残念ながら、ぼくの暮らす東京でカフェを取り巻く状況は相変わらず厳しい。まずは「不必要」と思われるものから削ってゆく、そんなとき、お茶をする時間(そして、お金)はいちばん最初に削られる対象であり、いちばん最後になってようやく戻ってくるものであるらしい。「句読点」を削ってもとりあえず文章は成立するから・・・。そんな論理の下、こうして生活から「句読点」が消えてゆく。

「句読点」を欠いた生活はしかし、それを欠いた文章とおなじで味気なく、息苦しい。旅行や大きな買い物は文章にたとえれば段落を変えるようなもので、一時的なリセットになったとしてもまた「句読点」のない生活がつづけば呼吸困難になるのはあきらかである。べつにコーヒーである必要はないけれど、風通しよく生きるためにほんとうに必要とされているのは「段落を変える」ことではなく、日々の暮らしのなかに適当なタイミングで「、」や「。」を打つことなのだ。ぼくはそう思っている。

そしてだから、それでもぼくはカフェをやっている。

ヘルシンキという街は、ぼくに言わせれば、「句読点」のもつ意味を知っているひとびとが暮らす土地である。街のそこかしこに、生活に精妙なリズムをもたらす「句読点」がある。都市の真ん中に、ちょっとひと息つくのにうってつけの公園があり、森があり、水辺がある。そしてもちろん、カフェがある。

白状すれば、ぼくはフィンランドで飲むコーヒーの味は好みではない。でも、フィンランドのカフェで、そこに暮らすひとびとに混じってコーヒーを飲む時間がとても好きだ。機能的なもの、合理的であることを重んじるはずのフィンランドのひとたちが、「時間がないんだから省いちゃえ!」とはならずに、あのように足繁くカフェに入りコーヒーをすすっている姿は意外でもある。かれらの合理的な発想の裏側に、一見「無用」とも思えるカフェですごす時間があったのか!、そんな感じである。

今回のフィンランドの旅でぼくは15、6軒ほどのカフェに入り、そこで思い思いの時間をすごすひとびとを眺め、また黙々と仕事に打ち込むひとびとの姿をみた。それはまた、ぼくにとってはなんともしあわせで、また眩しい光景だった。そしてそんな光景を眺めながら、

「この仕事もなかなか捨てたもんじゃないな」

なんて、性懲りもなく相変わらず食えないことをかんがえていたりするのだった。



さてと、



なんとなく切り上げるタイミングをつかめないままだらだらと続けてきたこの旅行記ですが、とりあえずこのあたりで(いい加減)終わりたいと思います。いつもながらお付き合いくださいましたみなさま、どうもありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
句読点ですよね。朝、目覚めの一杯。
仕事を始める前に1杯。昼ごはんの後に気を引き締めて仕事モードになるために一杯。
3時に緊張からほぐれるために一杯。
無くてはならないものです。

ヨーロッパの全てのカフェを知っているわけではないですが、日本と違うのは年配のご夫婦などが、コーヒーと大きなケーキを注文して、仲良く午後のひと時を過ごしている様子が、日本には無いかな・・て思いました。

ただ一度だけ、アーリーアメリカンな雰囲気のカフェで、おじいちゃんたちが、将棋か碁を打ってました。

すごく絵になってて、日本も変わってきたな!と、嬉しくなりました。
2009/07/13(月) 21:10 | URL | Momo #-[ 編集]
こんにちは
> Momoさん

コメントありがとうございます。

たとえばヨーロッパを旅して、そのゆったりとした時間の流れに「いいなぁ」と感じたひとが少しずつでも日本での生活にそうした過ごし方を反映していっていただけると日本という国ももっと優しい表情に変わるような気がしてなりません。

そうですね、お年寄りの方にももっともっとカフェに来ていただきたいです。
2009/07/13(月) 23:19 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
その国なりに
ううむ。確かに、考えさせられますね。
でも、ヨーロッパのゆったりした時間は、長い間の歴史の中でつくりあげられた時間の過ごし方なので、それをそのまま日本に持ってきても、難しいです。だって、ウィーンは夜6時にはほとんどの店閉まりますからね。驚きましたが、慣れればそれはそれでいいものですが。

駆けつけ三杯のように見える現代の日本ですが、やはり、ときに花を目で、海に遊び、旅行を楽しんだりしているときもあるわけです。
アジアはどうしてもがさがさした印象がありますが、上海あたりはもう大騒ぎですがそれはそれで面白いとは思います。

その国に合った時間の過ごし方があっていいとおもいますよ。
どれが上級でどれが下級ということもないし。
日本的な時間の過ごし方は実は、「駄菓子屋」的な時間ですね。
じつはそれがキーワードです。
まあ、わたくしも、流行でないハンガリー語を習うという暴挙をしているわけですが、お互いがんばりましょう。
「日本の句読店」期待してますよ。
2009/07/23(木) 12:33 | URL | 小林檀 #ywW7zt0k[ 編集]
こんにちは
> 小林檀さま

おっしゃるとおり、そんな「暴挙」に明け暮れているようだから永遠に六本木ヒルズの住人にはなれないわけで・・・(泣)

それでも、いまの日本の生活などうにも「呼吸が浅い」ような気がするのです。日々の生活のなかで生じる呼吸の浅さは、やはり日々の生活の中でしか改善しえないと思うのです。旅など、日常の外側に出ることで一見改善されたように思われても、またふだんの生活に戻れば呼吸の浅さも戻ってきてしまうのです。

ぼくの見る限り、フィンランドの人々は日々の暮らしの中での「ガス抜き」にとても達者な人々という印象で、いまの日本の閉塞感の打開策も海外旅行やプラズマテレビの購入にではなく、ちいさなガス抜きをいかに身近に発見できるか? ということの中にこそあるように感じられたのでした。

要は、オリンピックなんてやるお金があるのなら、お台場や築地に「森」をつくろう、そう言いたいわけです。
2009/07/24(金) 12:23 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/738-53efdfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。