北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏バテなのだろう、今週は胃腸がやられ気味でしんどいスタートだった。おまけに先週の終わりくらいから足首の筋を痛めていて、買い物するにも不自由な思いをしている。

そんななか、きのうは閉店後にやっているフィンランド語教室がお休みだったので、いつもより早めに切り上げて所用のため原宿まで出かけた。帰り道、ふだんなら竹下通りを抜けて原宿駅まで行くところだが、混雑した山手線に乗るのがうっとうしかったのと思いのほか夜風が気持ちよかったので、足はちょっと痛かったが、ぶらぶらと千駄ヶ谷駅まで歩いていったのだった。

ところが、千駄ヶ谷に近づくにつれ何かいつもと様子が違うのに気がついた。ふだんは人もまばらな駅前が、大勢の人々でごったがえしているのだ。改札に入れない人々はロータリーまであふれ、それを警官や警備員たちが懸命になってさばこうとしている。なかには電車に乗るのをあきらめて、道ばたに座り込んで弁当を広げている若い子までいる始末。

なんなんだ、これは! もしや、「ともだち」? とつねに流行に敏感なぼくは思ったのだが、不思議なのはその群衆がみな女性、しかもほとんどが若い女の子というところである。だいたい、「ともだち」なら忍者ハットリくんのお面とか人差し指と目を組み合わせたシンボルマークのグッズとか持っていそうなところだが、彼女らが一様に手にしているのは「うちわ」だったりポスターだったり、まあ、そんな品々である。そしてよくよく見て気づいたのだが、それは









だった。国立競技場でおこなわれた「嵐」のコンサートの終演時間に、運悪くぶつかってしまったのだ。やむなく千駄ヶ谷から電車に乗るのを断念し、ひとつ先の代々木まで歩くことにしたのだが、けっきょく痛い足を引きずりながら新宿まで歩いてしまった。もう、ヘトヘトである。

そこで「嵐」にお願いしたいのだ。できれば来年は、もうすこし離れた場所でライブをやってはもらえないものだろうか。



たとえば、「悪石島」あたりで。
コメント
この記事へのコメント
嵐かんけいないわきれるよ


2009/09/14(月) 13:56 | URL | ai #-[ 編集]
いやいや、
嵐のパワーはたいしたものですよ
2009/09/14(月) 14:00 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/771-c82d5ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。