北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丸ノ内線にのって、上海にゆく夢をみた。

まさかウチから10分足らずのところに上海があるとは思わなかったし、いままでそのことに気づかずにきたことがまずもって不思議だった。地下鉄とはいえ、「上海」の駅はちょうど「四谷」駅とおなじように地上にあった。徐々に速度を落とした地下鉄がトンネルを抜けると、そこにはこじんまりとした埠頭が広がっていて、水辺のむこうには特徴的な丸屋根の塔をもつ白いビルディングが真っ青な空を背景に建っているのがみえた。晴れているわけでもないのに空が青いのも不思議だったが、それは目が覚めてからそう思ったにすぎない。むしろ、地下鉄の窓からみる景色の美しさのほうに気をとられていたせいだろう。

あまりの美しさに、気づいたらぼくは途中下車して上海の街を散策していた。いわゆる「租界」なのだろうか? 茶褐色の古びた教会や灰色の石でできた洋館が建ち並ぶ通りをゆっくりと、迷子にならないよう注意を払いながらぼくは歩いた。なにせ言葉もわからないうえ、地図さえ持っていないのだ。赤茶色の蔓草を壁に埋め込んだ上から、貝殻の粉からつくられているという白い塗料をぬった風変わりな外観のビルディングを見物した後、一休みしようとクラシックな佇まいのカフェに入ってみた。そして、大皿に並べられたたくさんの菓子の中からすもものタルトに手をのばした瞬間、目がさめた。

ただそれだけの話なのだが、夢でみた「上海」の、そのほんのりと湿り気を帯びた情景があまりにも美しかったので、

一生ほんものの上海にゆくのはやめよう

そう、ねぼけまなこのまま心に誓ったのだった。
コメント
この記事へのコメント
ロマンチック~
岩間サン

ごぶさたしています!

今週末はまたまたトークショーですね!

夢で見た上海、ロマンチック
~。岩間サンてば。

ところで私めったに北欧の夢見ないんです。And you?
2009/12/03(木) 23:49 | URL | yumico #-[ 編集]
こんにちは
> Yumicoさん

ロマンティック

というよりは、宮崎アニメの見過ぎかもしれません(笑)。ちょっと「千と千尋~」っぽくもあったので。

絵の才能があったら描いておきたいくらいのちょっと妖しい美しさで、「魔都」という感じでした。
2009/12/04(金) 12:32 | URL | moi店主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/832-09e4673f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。