北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tukholma01.jpg

その昔、書店で偶然みつけた『small planet』という写真集には目を奪われた。小学校の図書館で、福田繁雄の「だまし絵」をわくわくしながら眺めていたころのあの感じが甦ってきたからだ。あるいは、まだ秋葉原にあったころの交通博物館で、ガラスに顔をくっつけてさまざまな模型の電車が行き来するジオラマを食いいるように見つめていたころのあの感じを思い出した、とでも言うか…。

そんなわけだから、手持ちの写真を気軽に「それっぽく」加工できるTiltShift Generatorというソフトの存在を知ったときは心騒いだ。六本木ヒルズがオープンしたてのころ森ビルの会長かなにかが、体育館のようなスペースにつくられた東京の精巧な模型を見下ろしながら「まだ東京には開発すべき土地がいっぱいあるな」と「悪の首領」よろしく不敵な笑みを浮かべている姿をテレビで目にしたことがあるが、これを使って風景を箱庭化してしまうことで「世界征服も夢じゃない」そんな野望を夢見させてくれるのがこのTiltShiftのすごいところである!?

というわけで、さっそくiPhone版のアプリを導入したのだが、どうしたものかじぶんの画像アルバムには食べ物の写真しか収められていないのだった。これでは結局「征服」できるのはじぶんの胃袋どまりである。情けない。

そこでやむをえずWEB版のフリーソフトをいじくって試してみたのだが、やってみるとこれが案外むずかしい。まず、写真の選択がむずかしい。原則として、

できるだけ遠景を撮影したもの
できれば上→下というように俯瞰したもの
人、クルマ、建物などができるだけゴチャゴチャ存在しているもの


がもっとも効果的に「ミニチュア化」できるという結論に至った。ようするに、手持ちの写真を加工するというよりは、こういう加工に適した写真をまずは(意識的に)撮影することが大事らしい。加工の加減も、正直なところどこが「適正」なのかいじればいじるほどわからなくなってくる。とりあえずは、以前ストックホルムを旅したときに撮った写真をいろいろ苦心しながらいじくってはいるのだが相変わらず勘がつかめないままである。

わかったことといえばただひとつ、世界征服は目が疲れる、ということだ。
コメント
この記事へのコメント
ヨースケライネン?
この写真で思いだしたのがフィンランドのアーティストJÄÄSKELÄINEN AINO さん。
2004年作"Terveisiä Suomesta!" (Turku)にはすでにこの手法(?)を応用して制作されているように思えます。初めて作品を観たときは変なの~と思いましたが今や「普通」ですかね。デジタル技術を使って表現をしている方々は今や大変ですね。すぐに一般のひとに追いつかれちゃうんだもん。...なんて偉そうにすみません。
2010/02/12(金) 17:56 | URL | TAKI #-[ 編集]
はじめまして、僕もこの写真技術には一時期はまり、当時スウェーデンにいたのでスウェーデン人にみせてわいいわいやっていました。
この写真は上から眺めた鳥瞰図のような写真が適しています。遠近が出て、一部分だけピントが合ってる感じです。
2010/02/15(月) 14:37 | URL | hej #-[ 編集]
まるでボルタ判写真
ボルタ判って知ってますか?
35mmフィルムに裏紙が付いた奴で、私はそれで写真デビューしました。
今から46年前。
撮りたくて撮れた記憶は無いけど、清く済んだ子供心は真っすぐに写してしたような記憶があります...
2010/02/16(火) 21:16 | URL | Jussi #rQ/aQp7M[ 編集]
やっぱ、写実ができてアウト・フォーカスコントロールですよね!
なっちゃうのとそうするのとは違います!
気まぐれは許しまへんで!
2010/02/17(水) 20:37 | URL | Jussi #rQ/aQp7M[ 編集]
こんにちは
> TAKIさん

似たコンセプトの写真~お菓子のオマケかなにかのプラスティックの人形が世界中を旅するという作品を発表している女性アーティストを、20年くらい前の「BRUTUS」で目にした気がします。
2010/02/22(月) 12:18 | URL | moi店主 #RmDxFykk[ 編集]
こんにちは
> hejさん

お返事遅れてすいません。

俯瞰する写真というのは意外に意識しないと撮らないもので、写真を加工するというよりは、こうした作品を制作するために写真を撮るという、その意味でやはりこれは「アート」なのだなと実感しました。

スウェーデンは絵になりそうな風景が多いので楽しそうですね!
2010/02/22(月) 12:22 | URL | moi店主 #RmDxFykk[ 編集]
こんにちは
> Jussiさん

お返事遅くなりました。

ポルタ判というフィルム(?)があったんですね。周囲がボケる感じになるのでしょうか?

写真を専門に勉強されただけあって、Jussiさんの写真はいつも水平とか構図とかビシっときまっていて美しいな、と思います。
2010/02/22(月) 12:26 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
楽しい!全く意識的に撮ってない写真をあれこれ加工してみました。じぶんで撮って、少し見飽きた写真が新鮮にうつるのかな。思わずハマってしまい、目が疲れましたが。やってる最中は時間をも忘れてしまう。

↑moiさんのtwitterおもしろそうだなぁ。
私も初めてみようかしら。
2010/02/24(水) 18:24 | URL | zeauxzeaux #-[ 編集]
こんにちは
> zeauxzeauxさん

そうなんですよね、目がとにかく疲れるんですよね、これ。しかもやってるうち、だんだん「正解」がわからなくなってくるという…。

とりあえずこれをいじくるための俯瞰したアングルの写真を撮らなくちゃ…。

zeauxzeauxさん、Twitterはなんというかおもしろさを説明するのが難しいので、お金もかからないことだしぜひ参戦されてみてはいかがでしょう。お待ちしてます!
2010/02/24(水) 20:52 | URL | moi店主 #mLjQvPPA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/876-278f9669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。