北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あさ7時前に起床。ゆうべ途中まで手をつけた仕事のつづきに取りかかる。3時間くらい集中してやっていたら思ったより早くメドがつく。そして思い出したように腹がへる。

店であまったので持ち帰った胚芽パンとキャベツ、それにツナをつかってサンドイッチを作ろうかとかんがえたのだが、空腹に耐えられず近くにあったパンを頬張り、コーヒーを淹れてかんたんに済ます。仕事のメドがついたら、不意にきょうが「休日」であることを思い出し、外に出たくてウズウズしてくる。

そして散歩がてら吉祥寺へ。予想通り、あんまりにも暑いのでレコ屋にかけこむ。いや、寒くてもかけこむ先はつねに変わらないのだが。おなじみディスクユニオンのロック館~ジャズ館~クラシック館とハシゴして、レコード4枚とCD1枚で計3,000円也。1枚あたり600円、なんでこんなに安いのか? おかげでまた一段と我が家が窮屈になった。

家に戻り、ちょっと仮眠(世間では昼寝ともいう)。夜になってから渋谷へ。家族の希望で、ユーロスペースのレイトショーで上映中の「佐々木昭一郎というジャンル」を観にゆく。上映作品は『四季 ユートピアノ』。ある女性調律師と彼女を取り巻く人間、そして世界を「音」というキーワードによって描いた映像詩。

じつはこれ、いわゆる「映画」ではなく、いまから30年前にNHKで放映され話題となったドラマ作品なのである。この映像作家、というよりも主役を演じた女優さんには熱狂的なファンがいるらしく、劇場は立ち見が出るほどの盛況ぶり。この作品についてはいろいろ書きたいこともあるので、できればまた別枠でちゃんと書きたいと思う。

「熱帯夜の渋谷のスクランブル交差点」という、かんがえうるかぎりでもっとも近づきたくない場所をつつがなく通過して23時半ごろ帰宅。作品のなかで印象的につかわれていたマーラーの交響曲第四番をレコードで一楽章だけ聴くつもりが、けっきょく全曲通しで聴いてしまう。

7月27日は、そんな一日。



moikahvila

出遅れた(泣) RT @Tetsuro8282: 「Age of Vintage」のアナログ盤、ディスク・デシネでも sold out のようです。おそらくもう手に入りません。完売御礼。
07-27 00:55

@hulot1219 しかし、音だけ聴いているときはまだいいのですが、PV観るときは歌詞のわからない自分がもどかしいですね…。
07-27 00:58

ゆうべ家に帰ったからと、けさも7時からやっていたおかげで、たまっていた仕事がだいぶ片づいてきた。コーヒーとかんたんな朝ごはんをとって、熱中症にならない程度に散歩でもいってこようかなぁ…。
07-27 10:11

@RAO_tw おお、感謝感激です!そうなんですよ、ひとの「最強ルート」の発見を嘲笑うかのようなエスカレーター工事!アトレめっ。
07-27 11:37

@hulot1219 ありがとうございます。とはいえ、英語の歌詞を見てパッとわかるようなら苦労はないのですが… 。
07-27 11:38

イギー・ポップをめくったら、またイギー・ポップ(散歩途中のレコ屋にて)。ただでさえ外は暑いのに、当なダメージ。
07-27 13:29

@Ska_vi_fika HR/HMの箱でもないのにこの不意討ち。げんなりです…
07-27 14:05

@junkfu たしかに。究極に涼しげな格好にもかかわらず、イギーよ、何故に君はそんなにも暑苦しい…。
07-27 14:08

@anapuruna ツイッターのおかげで、いまやすっかり店のイメージが… お気をつけ下さい。いや、そんな心配いらないですね(笑)。
07-27 14:34

なぜ、いまさら? 十分知ってますが… w RT @NewsFromFinland: YLE News: Finnish Alcohol Consumption Risk Levels "Too High" http://dlvr.it/34VNf
07-27 20:15

これから渋谷で映画を観ます。家族の付き合いですが、マニアな人々がたくさんいそうでちょっと恐ろしいですよw
07-27 20:26

遅ればせながら、正解! もしや?RT @HEJSANBUTIKEN: @moikahvila  もしやユーロスペースへ!?
07-27 22:53

渋谷ユーロスペースで、『四季 ユートピアノ』という映像作品を観た。30年前に放送された、NHKのテレビドラマ。観終わった後、世界に零れる「音」に思わず耳を澄ませずにはいられなくなる映像詩。
07-27 23:46

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moicafe.blog61.fc2.com/tb.php/959-2248f8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。