北欧、フィンランドをこよなく愛するカフェ店主がつづる日々のあれやこれや。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜか休日の、しかも午前中とくに予定のない日にかぎって朝、早く目が覚めてしまう。どうしてだろう? 気が昂ぶってる? いずれにせよ、おかげで寝不足。

じつは横浜でぶらぶらするつもりが、ゆっくり朝ごはんを食べたり、本を読んだりレコードを聴いたりしていたらすっかり出かけるのが遅くなってしまう。しかも外は猛烈な湿度。台風が接近しているらしい。

せっかくツイッターでおすすめランチスポットをたくさん教えていただいたのに、出遅れたおかげでランチも微妙なタイミングに。けっきょく、横浜駅の西口から少しいったところにある「A Mascara D'o Pulecenella」というイタリアンでピザを食べる。教えていただいたものの今回行くことのできなかったお店は、別の記事にまとめて次回の横浜散歩のためにとっておこう。

その後、そごう美術館でひらかれている「没後25年 鴨居玲~終わらない旅」へ。いまだにカリスマ的人気の衰えない日本人洋画家の回顧展である。

背景のないポートレイト。人間はそもそも、背景(ときにそれは肩書きのような社会的なものであったりもする)の中に立つことではじめてその存在証明がなされるものである。背景を取り払われた人間の姿は、衣服を剥ぎ取られた人間のように無防備に映る。その存在の耐え難い「不安」のようなものを、鴨居は酔っぱらいや傷痍軍人、道化師といったキャラクターに託して描く。それらはみな、鴨居同様、つねに「不安」に怯えながら危なっかしい足取りで徘徊している者どもである。つまり、そこに描かれた者はすべて鴨居自身のポートレイトでもあるのだ。いまにもキャンバスに溶けてしまいそうな輪郭、どこに向けられているのかすらわからない視線、見られることを拒絶するかのように背けられた顔…… 鴨居もそんな風にみずからの存在を消すかのように、25年前この世から不意にいなくなってしまった。壮絶な作品群。

絵のせいではないだろうが、ちょっと疲れたので家に戻る。そして、ひたすら眠った。

8月10日はそんな一日。

moikahvila

@glaubell あのラストといい、なかなかの皮肉屋っぷりですよね。アルトマン監督の他作品、意外に近所のレンタルで探しても見つからなくて…。いまひとつ日本人ウケしにくいのでしょうか?
08-10 00:33

@quinceflowers 食べ方からして想像つきませんw でも、これはぜひ一度試してみたいですねー。興味津々。
08-10 00:40

悪天候につきペルセウス座流星群の観測は中止。よって、いまさら朝食中。ラ・テールのチャバッタにヨーグルト、ドーナツドリッパーで淹れたアルヴァーブレンド、そしてサラダ。ところがドレッシングがないこと気づき、スタッフから貰ったお手製の「食べるラー油」をマヨネーズにちょこっと混ぜて代用。
08-10 09:28

便乗できないまま終わってしまったけれど、きのう8月9日は「ムーミンの日」だった。まあ、しょせんはこじつけ、それならいっそ11月11日は「ニョロニョロの日」と勝手に制定してしまうというのもありだろうか?
08-10 09:43

ありがとうございます!勝烈庵はずっと昔に行ったことありますが、あとは知りませんでした。 RT @idyllic1970: @moikahvila いまさらですが....。野毛「グリル・ラクレット」馬車道「勝烈庵馬車道総本店 」関内「天吉」ラクレット以外は有名店ですが....。
08-10 11:13

コンセプトがいいですね! RT @1000cups: @moikahvila 馬車道の割とみなとみらい寄りにある80*80(ハチマルハチマル)カフェは80km圏内から仕入れた食材を80%使用というコンセプトのお店です。ちいさなお店ですが美味しいですよ。
08-10 11:15

@Kee_chang できれば白塗りで…いや、確実に通報されるものと思われますw>電圧計の周りで…
08-10 11:54

駅近で、しかも雰囲気がいいというのは魅力的ですね。あとは、胃袋と相談、かな? RT @kamomegane: @moikahvila勝烈庵でしたら、横浜駅のジョイナスB1Fにもあってこちらも雰囲気いいですよ。昼間からビール飲みたくなります。
08-10 12:25

@KenIchiro_H くぐつ草ってモーニングあるんですね。午前中のくぐつ草、けっこう好きです。
08-10 12:27

横浜なう。都心より涼しい気がするのはやっぱり海が近いせい?
08-10 13:37

けっきょく横浜駅の近辺から動けず、「A Mascara d'o Pulecenella」という川沿いのお店でマルゲリータなう。 http://twitpic.com/2db4pp
08-10 14:10

@idyllic1970 今回、元町までは足を伸ばせないかも…次回のためにメモしておきます!
08-10 14:12

@one_for_elena 風があるせいかもしれませんねー。今日も体感的にはかなり涼しいですよ。
08-10 14:14

そごう美術館で鴨居玲の回顧展。背景のないキャンバスのなかで、むしろそこに溶け込んでしまいそうになりながら危なっかしいバランスで存在する者たちの肖像は、実はそのまま拠りどころをもたない自分自身の自画像にもなっている。 http://twitpic.com/2dc78b
08-10 17:04

E・レジーナが歌う「酔っ払いと綱渡り芸人」なう。鴨居玲の絵を前に、ずっと頭の中でちいさく流れていたのがこの曲だった。酔っ払いや道化師といったモチーフからの単純な連想であると同時に、不安定な精神を抱えて生きざるをえない人間の姿を自虐的にとらえるまなざしに共通するものを感じたのだ。
08-10 21:30

ところで、鴨居玲は1965年にブラジルを訪れている。いまでいうところの「自分探しの旅」の途上、しばらく滞在したようだ。クーデターでブラジルに軍事政権が樹立されたのはその前年、1964年のこと。そして、軍事政権による圧政を揶揄した先の曲が作られたのはさらにそれから10年ほど後の話。
08-10 21:51

10年後、moikahvilaはロンドンでニート生活をおくっています。 http://shindanmaker.com/37263 それはそれで悪くないかもね!めざすは、ジェントルマンなニート!w
08-10 22:42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。